当処の鍼灸はあらゆる症状に対応しております。

 

人間の身体なので個人差や、症状の経過などの様々な広がりがあります。どういった状況においても、何かのお役には立てると思います。

 

一般的に難病とされているものでも、鍼灸の分野では症状の変化しやすい病も存在するのです。

 

WHOの認定する鍼灸適応疾患(日本鍼灸師会HPより抜粋)

 

神経
神経痛・神経麻痺・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ヒステリー

 

運動器
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

循環器
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

呼吸器系
気管支炎・喘息・風邪

 

消化器
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

代謝内分秘
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

生殖、泌尿器系
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

婦人科
更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え性・不妊

 

耳鼻咽喉科
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

眼科
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

 

一般的に鍼灸は肩こりや腰痛など外科的な症状に効果があるという認識が強いようですが、意外と適応範囲は広いのです。さらに上記以外にも花粉症、鬱、不妊治療、アルコール依存症、禁煙、終末期医療等の分野においても少なからず鍼灸の有効性を示す客観的データがあるようです。

 

鍼灸における適応疾患の認定は、WHO(世界保健機関)という国際連合の専門機関が行っています。近年、世界各国で代替医療および鍼灸の需要が高まりをみせております。

鍼灸の特徴と種類

小児鍼について

 

お灸教室のご案内

 

鍼灸と美容

鍼灸と不妊

鍼灸で疲労回復

 

はりの合う、合わない

 

佳還処はり灸のブログ

お問い合わせ

 

料金と時間

 

佳還処はり灸 (かかんじょはりきゅう)

澤田明正 (さわたあきまさ)

 

自由が丘駅南口より徒歩四分

 

東京都世田谷区奥沢6-34-1内海ビルⅡ2階

03-5760-6952

お電話かメールにてご予約をお願い致します。

 

※診療中はお電話をすぐにお受け出来ないことがあります。

また、往診などの都合により、お電話への折り返しが

携帯電話090-5067-8939になる場合があります。

ご了承ください。


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示

佳還処はり灸 (かかんじょはりきゅう)

澤田明正 (さわたあきまさ)

 

自由が丘駅南口より徒歩四分

 

東京都世田谷区奥沢6-34-1内海ビルⅡ2階

03-5760-6952

お電話かメールにてご予約をお願い致します。

 

※診療中はお電話をすぐにお取り出来ないことがあります。

また、往診などの都合により、お電話への折り返しが

携帯電話090-5067-8939になる場合があります。

ご了承ください。