出逢い

本当に出逢いというのはいつ訪れるかわからない。

いや、訪れているのだろうが気付かない。
そして気付けない。

今日は電話越しに思いがけない出逢いがあった。

物事に対して、自分は背中を向けているのか、目を向けているのか、あるいは腹で感じているのか。

ある人は物事は中立に起きており、それを意味付けるのが人間だと言った。

野球大好き少年にとっての大雨は悲劇だし、農家のおじさんにとっては恵みの雨。


最近本当に大切だと思うのは、人間の集注の方向。
何に向かって生きているか。

目先の浅い欲求を満たしているだけでは、本当の生きている喜びは得られない。人は人との交わりに依ってのみ、心を揺り動かされる。感動する。

何かの本に書いてあったが、経済的に満たされた人間は、ボランティアや寄付に勤しむのだという。人間本来の喜びが、極まるところ、そこにしか存在し得ないからであろう。

よく「プライスレス」なんていう言葉を耳にするが、これほど皮肉が込められた単語は無いのではなかろうか。

これはプライスありき、カネの絶望的存在感の証明とも言うべき単語。


ある人は言った。
「本当に佳いものってカネを取りにこない」
すなわち自然のことである。


私自身もまだまだ学ぶべきこと、変化すべきことが多くある。

尊敬する先生は言われた。
「幸せは個人のものだが、幸福は全体性をもつ」


幸福に向けていざ進まん。

Android携帯からの投稿


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示

佳還処はり灸 (かかんじょはりきゅう)

澤田明正 (さわたあきまさ)

 

自由が丘駅南口より徒歩四分

 

東京都世田谷区奥沢6-34-1内海ビルⅡ2階

03-5760-6952

お電話かメールにてご予約をお願い致します。

 

※診療中はお電話をすぐにお取り出来ないことがあります。

また、往診などの都合により、お電話への折り返しが

携帯電話090-5067-8939になる場合があります。

ご了承ください。