お灸の話、その五(お灸の感触)

お灸 自宅 合う 合わない
お灸 自宅 合う 合わない

お灸の感触はいかがだっただろう。

大別すると二種類の反応に分かれると思う。


1、ほとんど何も感じなかった、温かかった

2、熱かった、痛かった、ヒリヒリした


どちらがお灸の適応する体質だろうか。

鍼灸院でのお灸の治療では、痛いのが効く、敢えて熱い(痛い)のを我慢するという考えも無くはないが、自宅で行う場合は1、の感覚をお灸の適応する体質とする。

1、の感覚の方は、どちらかというと気持ちよさが生じる。温かさを感じた方はホッとしたり、もう少し続けてみようと思われたのではないか。

2、の感覚の方はお灸に対する印象があまり良くないと思う。

正にこの二種類の反応こそ、身体が教えてくれるお灸の合う体質かどうか、なのである。


2、の反応の方は1、の方よりお灸と上手に付き合う必要性がある。お灸の熱量の調節が必要な方だ。


読まれた方が1、の反応であることを祈りながら、注意事項の二番目、お灸の熱量について書き進めていきたい。

お灸教室のご案内(自宅で出来るお灸のポイントをやさしくお教えします)

2/22(土)17:00~女性限定

2/23(日)10:00~

2/26(水)19:30~

 

詳しくはお灸教室のご案内へ。

 

世田谷区 自由が丘の鍼灸
佳還処はり灸
http://www.kakanjyo89.com/


Android携帯からの投稿

 

 

p>
より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示

佳還処はり灸 (かかんじょはりきゅう)

澤田明正 (さわたあきまさ)

 

自由が丘駅南口より徒歩四分

 

東京都世田谷区奥沢6-34-1内海ビルⅡ2階

03-5760-6952

お電話かメールにてご予約をお願い致します。

 

※診療中はお電話をすぐにお取り出来ないことがあります。

お電話への折り返しが

携帯電話090-5067-8939になる場合があります。

ご了承ください。