変わっている、と言われること。

変わっている、と言われることが多い。

昔から、それこそ、小中学校の時から言われているような気がする。

 

ある時期までは、何か自分は異常である、変であるというマイナスな言葉でしかなかった。

しかし、今は完全に誉め言葉である。

 

変わっていると誰かが言ったら、その背景には、発言した人の思考や経験の枠から

外れているという意味であろう。

一般的ではない、ということだ。

 

しかし、今日の社会を何となくイメージして、私個人としてはおかしいと思う。

それこそ、どんどんおかしな方向へ一直線だ。

あまりそういった一般的な社会というものすら、想像したくないのが本音だ。

 

その社会を普通に生きている方々と比較して、変わっていると言われるのだろう。

おかしな社会を普通に生きているよりは変わっている方がいい。

 

また、変わっているという発言を私が喜ぶ意味は、私自身の個性を

認めてくれているような気がするからだ。

変わっている、誰にも似ていない、属していない自分がそこにはいる。

 

私は変な意味ではなく、自分自身が好きだ。

ある人の人生はある人だけの人生でしかない。

唯一無二、地球上で、その人はただ一人しか存在していない。

 

そういった意味に於いて、誰かは誰かになる必要は無く、その人であるべきだ。

 

もちろん、みんな一人一人が変わっていて

それぞれの魅力や個性が美しいのである。

 

それぞれが自分の個性に自信を持ったらいいと思っている。

 


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示

佳還処はり灸 (かかんじょはりきゅう)

澤田明正 (さわたあきまさ)

 

自由が丘駅南口より徒歩四分

 

東京都世田谷区奥沢6-34-1内海ビルⅡ2階

03-5760-6952

お電話かメールにてご予約をお願い致します。

 

※診療中はお電話をすぐにお取り出来ないことがあります。

また、往診などの都合により、お電話への折り返しが

携帯電話090-5067-8939になる場合があります。

ご了承ください。