最近のこと。

めまぐるしく移り変わる日々の中に、やっとこ自分自身を置いていた。

気がつけば二月も九日目。

 

最近、外に出る機会が多かったせいか、社会の異常さを骨身に沁みて感ずる。

また、佳還処はり灸へ来られる方々が佳い空気を運んでくださることも、

外とのコントラストを際立たせている。

 

そういった空気の中に触れるうちに、自分自身の失われた時間に思いを馳せる。

まあ、そうは言っても、過ぎ去った時間は元へは戻らない。

 

外へ出れば、ついついスマホを見てしまう。

それはいわば、周りを敢えて観ないようにする自己防衛。

その中にもまた、様々な自分の感覚を鈍らせる要素が多く存在する。

しかし、中には自分の背中を押してくれるものもある。

「生まれ変わるなら 生きてる間」

ツイッターでフォローしている名言botにそう書かれていた。

 

そう、来世ではく今世で何かを変えていかねばならぬ。

次ではなく、今。

 

人間は慣性の生き物とは言われるが、何となく変化を与えて生きたい。

それは、もちろんよい意味での、だ。

 

自分の人生を振り返っても、大きな節目となり得ることが、昨日起きた。

奇しくも、昨日は年に一度行われる針供養の日。

仕事で使っている鍼だけではなく、裁縫の針なども針供養の対象だそうだ。

 

何かそういった日に、自分自身の節目が訪れるのも、縁を感じる。

 

今まで以上に鍼と灸、そして身体に向き合って参る所存です。


より大きな地図で 自由が丘の鍼灸 佳還処はり灸 を表示

佳還処はり灸 (かかんじょはりきゅう)

澤田明正 (さわたあきまさ)

 

自由が丘駅南口より徒歩四分

 

東京都世田谷区奥沢6-34-1内海ビルⅡ2階

03-5760-6952

お電話かメールにてご予約をお願い致します。

 

※診療中はお電話をすぐにお取り出来ないことがあります。

また、往診などの都合により、お電話への折り返しが

携帯電話090-5067-8939になる場合があります。

ご了承ください。