西濱幸子展 

続きを読む

専門職としての立ち位置

続きを読む

10件に聞けば分かること

続きを読む

「日常」

続きを読む

〇〇業界の話

続きを読む

話を素直に聞くこと

続きを読む

お正月の自由が丘

続きを読む

お花

続きを読む

明けましておめでとうございます。

続きを読む

「今年一番の衝撃」

続きを読む

ストーンリバーコーヒー(尾山台)

続きを読む

苦難の後に光あり

「苦難の後に光あり」

バレーボールの試合などで掲げられる、ある高校の横断幕だ。

 

苦難は、個人的には努力すべきときに、努力をする事に伴う苦しみと捉えている。

何かに向き合った時に、準備する内容は各々に委ねられている。

例えば、テストを受けるにしても一夜漬けも数年前から準備していても、受けられる。

 

点数が出ても、プロセスは表面的には反映されない。

ただし、そのプロセスは、その人の自信となる。

 

患者さんに色々なお話を聞かせて頂く中で、刺激を受けることも多い。

 

ある成果が得られるときには、間違いなく苦難が後ろで支えている。

 

 

国宝展

仕事の合間を縫って、行ってきました。

 

言葉にならない、を体感出来たと思います。

芸術系に詳しいわけでは、全くありませんが、佳い物を観たい一心で赴きました。

 

個人的には89点の展示、というのも、興味を掻き立てられましたね。

 

時を経て、人から人へ大切に伝えられてきた品々に目がくぎ付けとなりました。

 

とても佳い、鍼灸のお勉強の時間になりました。

インターネットの良さ

先の記事の続きですが、ブログを見て頂いている方は、患者さんのみに留まらないと思っています。

地球のどこかから、この記事を読んで頂いている方も居られるかもしれません。

また、検索でたまたま辿り着く方もおられますよね。

 

インターネットって、全く使いこなせていませんが、便利ですね~良いですね。

 

何かを発信しようとしながらも、なかなか出来ないですね(笑)

このブログで精一杯かもしれません。

読者のみなさまへ

患者さんから、このあまり更新されないブログを読んで頂いていると、お話をいただく。

読者のみなさま、ブログを読んで頂きまして、ありがとうございます。

自分自身は、何か書こうと思ったときに、また、自分の頭の中で完結した内容の一部を、このブログに書き出しています。

読んでも、何のことか分からないと思います(分かるひとも居ますよね・・・)。

個人的には、そのくらいの余白があった方が、良いかなと思っています。

たまに、自分が書いた記事を読み返しても、これは何に対して書いているのか、と思う事もあります。

人間は、気が付かないうちに、色々と揺れ動いているのでしょうね。

なかなか、自分の心の動きも把握できませんね。人間て、難しいですね。

でも、それが面白いですね。

 

時代も急速に変化しますし、コロナがあったり、戦争があったりと、目まぐるしく変化しますね。

考えるをかんがえる

自分自身が考えて、さまざまな行動しているのか、考える機会があった。

 

考えているのか、かんがえると、考えていないと思っていたが、考えているような気もする。

 

いや、基本的に何かに対して、ああでもない、こうでもないと、考え込むことはしていない。

しかし、軽くは考えているか。

 

日々の心の動きは、ノートにまとめ、整理はしている。

結構すっきりする。見返すことは、基本的にはない。

 

鍼灸を行っているときには、考えないようにしている、というか考えられない。

患者さんの身体に向き合うと、鼻歌を歌うような感じで、何かが紡がれていく。その流れに身を任せる。

手が自然と、鍼を扱い、お灸を据えるべく、灸点液に手を伸ばしている。

 

 

それぞれのワールドカップ

あと数分で、ワールドカップの決勝が始まる。

 

患者さんとの話でも、ワールドカップは色んな角度から、我々を楽しませてくれた。

 

個人的にはそれほど興味が無かったのだが、次第に引き込まれていった。

 

人生で初めて、サッカーの試合を完全に見届けた。

 

自分にもこういった一面があるのだと、改めてサッカーをはじめ、人間の可能性と言えば

大げさかもしれないが、新しい感覚を得た。

 

バレーボールをやっていたせいか、勝負事は好む方だ。

 

自分自身も鍼灸で、ある結果を出すために、日々仕事という名の試合を楽しんでいる。

 

「情報選択力」

「情報選択力」が問われる時代。

 

様々な真偽不明の情報が飛び交う世の中。

 

一人一人の感性が試されている。

週刊現代のインタビューを受けました

続きを読む

アナリシスとシンセシス、シンクディファレント

続きを読む

患者さんに元気を頂く

続きを読む

鍼灸師と鍼灸観

続きを読む

世の不条理

続きを読む

鍼灸大に関して

続きを読む

評論家

続きを読む

縁について

続きを読む

一時間で●●人を治療

続きを読む

自分の身体に鍼灸を行うのか

続きを読む

鍼灸は良い、の先

続きを読む

虚弱な体質、繊細なの方への鍼灸

続きを読む

身体の力を抜いて下さい、というお願い

続きを読む

暑苦しい鍼灸院

続きを読む

身体が硬過ぎて鍼が刺さらない

続きを読む

自分軸

続きを読む

言うは易し

続きを読む

技術を料理に例えると

続きを読む

鍼灸は小さな事に気が付けるか

続きを読む

鍼灸院と不動産

続きを読む

当処の考えを完璧に

続きを読む

時を越えて

続きを読む

親身になる事と結果

続きを読む

治療不信

続きを読む

パン作りと鍼灸

続きを読む

「ドラマ」

続きを読む

内容

続きを読む

気付きは身近に

続きを読む

鍼灸の神様

続きを読む

常識

続きを読む

寝れない夜は誰のせい?

続きを読む

口コミ?と信憑性

続きを読む

真実はいつもひとつ

続きを読む

状況は常に変化

続きを読む

身体は粘土の如し

続きを読む

別人

続きを読む

さくら

続きを読む

回想、そして階層

続きを読む

言葉は伝わらず

続きを読む

口コミ考

続きを読む

中身

続きを読む

伝統に触れる

続きを読む

失敗の定義

続きを読む

推薦人は占い師!?

続きを読む

アン、スマートフォン

続きを読む

誤字の訂正。

続きを読む

ブログの文章の差異

続きを読む

流れ。

流れって、あると思う。

良い、悪いがある。


様々な要因が、流れをつくっている。

世の中全体の大きな流れには、なかなか抗うことが難しいと感じる。


せめて、自分の手の届く範囲の流れだけは、良くしておきたいと思う。


そのためには、心身の余裕が必要。


流れが悪い時こそ、自分が試されていると思う。

風化

続きを読む

3/27は澤田明正の誕生日。

続きを読む 0 コメント

二月も終わり

続きを読む 0 コメント

対峙する相手による。

続きを読む 0 コメント

事実は小説より・・・

人生は緩急がある。

自分の人生を振り返っても、同じく。

 

患者さんの話で、ある時期から加速度的に人生が進んだということを伺う。

どうやら当処を訪れたタイミングから、何かが起こったようだ。

 

謙遜でもなく、自分はただ目の前の身体、そして患者さんと向き合うことに一生懸命。

ただ、それだけ。特別なことは何も無い。

その時たまたま、身体の中の何かのスイッチが入るのだろうか。

いや、そもそもその方の人生が先に急展開が決まっていて、ちょうどタイミングが

重なったのか。

 

まあ、どちらでもよいのだが、人生ってそういう風に展開していくんだなと思った。

運命のいたずら、偶然、必然・・・

 

何か特徴的なことが起こると、運命や人生について考えやすい。

しかし、平凡な変わらない日常もまた人生の1ページ。

 

0 コメント

2/14

続きを読む 0 コメント

不思議。

続きを読む 0 コメント

最近のこと。

続きを読む 0 コメント

漢(おとこ)の話。

続きを読む 0 コメント

私はいもになりたい。

続きを読む 0 コメント

2017年。

続きを読む 0 コメント

年末年始の診療予定。

続きを読む 0 コメント

抱っこ。

続きを読む 0 コメント

スーパースター。

続きを読む 0 コメント

運のお勉強。

続きを読む 0 コメント

食わず嫌い。

続きを読む 0 コメント

世界の始まり。

続きを読む 0 コメント

変わっている、と言われること。

続きを読む 0 コメント

自分の至らなさを思う。

続きを読む 0 コメント

再会。

続きを読む 0 コメント

社長、おめでとう!

続きを読む 0 コメント

運のいい人。

続きを読む 0 コメント

夏の終わり、自分への集注。

続きを読む 0 コメント

大阪パワー。

続きを読む 0 コメント

背負っているモノ。

続きを読む 0 コメント

固定化、受け入れ。

続きを読む 0 コメント

8/9は、はり灸の日。

続きを読む 0 コメント

人に教えたくない鍼灸院。

続きを読む 0 コメント

八月は通常の診療です(夏季休暇はありません)。

続きを読む 0 コメント

どうせ鍼なんて・・・

続きを読む 0 コメント

仙人ぽい。

続きを読む 0 コメント

無理はしない。

続きを読む 0 コメント

世間は狭い。

続きを読む 0 コメント