言うは易し

続きを読む

技術を料理に例えると

続きを読む

鍼灸は小さな事に気が付けるか

続きを読む

鍼灸院と不動産

続きを読む

当処の考えを完璧に

続きを読む

時を越えて

続きを読む

親身になる事と結果

続きを読む

治療不信

続きを読む

パン作りと鍼灸

続きを読む

「ドラマ」

続きを読む

内容

続きを読む

気付きは身近に

続きを読む

鍼灸の神様

続きを読む

常識

続きを読む

寝れない夜は誰のせい?

続きを読む

口コミ?と信憑性

続きを読む

真実はいつもひとつ

続きを読む

状況は常に変化

続きを読む

身体は粘土の如し

続きを読む

別人

続きを読む

さくら

続きを読む

回想、そして階層

続きを読む

言葉は伝わらず

続きを読む

口コミ考

続きを読む

中身

続きを読む

伝統に触れる

続きを読む

失敗の定義

続きを読む

推薦人は占い師!?

続きを読む

アン、スマートフォン

続きを読む

誤字の訂正。

続きを読む

ブログの文章の差異

続きを読む

流れ。

流れって、あると思う。

良い、悪いがある。


様々な要因が、流れをつくっている。

世の中全体の大きな流れには、なかなか抗うことが難しいと感じる。


せめて、自分の手の届く範囲の流れだけは、良くしておきたいと思う。


そのためには、心身の余裕が必要。


流れが悪い時こそ、自分が試されていると思う。

風化

続きを読む

3/27は澤田明正の誕生日。

続きを読む 0 コメント

二月も終わり

続きを読む 0 コメント

対峙する相手による。

続きを読む 0 コメント

事実は小説より・・・

人生は緩急がある。

自分の人生を振り返っても、同じく。

 

患者さんの話で、ある時期から加速度的に人生が進んだということを伺う。

どうやら当処を訪れたタイミングから、何かが起こったようだ。

 

謙遜でもなく、自分はただ目の前の身体、そして患者さんと向き合うことに一生懸命。

ただ、それだけ。特別なことは何も無い。

その時たまたま、身体の中の何かのスイッチが入るのだろうか。

いや、そもそもその方の人生が先に急展開が決まっていて、ちょうどタイミングが

重なったのか。

 

まあ、どちらでもよいのだが、人生ってそういう風に展開していくんだなと思った。

運命のいたずら、偶然、必然・・・

 

何か特徴的なことが起こると、運命や人生について考えやすい。

しかし、平凡な変わらない日常もまた人生の1ページ。

 

0 コメント

2/14

続きを読む 0 コメント

不思議。

続きを読む 0 コメント

最近のこと。

続きを読む 0 コメント

漢(おとこ)の話。

続きを読む 0 コメント

私はいもになりたい。

続きを読む 0 コメント

2017年。

続きを読む 0 コメント

年末年始の診療予定。

続きを読む 0 コメント

抱っこ。

続きを読む 0 コメント

スーパースター。

続きを読む 0 コメント

運のお勉強。

続きを読む 0 コメント

食わず嫌い。

続きを読む 0 コメント

世界の始まり。

続きを読む 0 コメント

変わっている、と言われること。

続きを読む 0 コメント

自分の至らなさを思う。

続きを読む 0 コメント

再会。

続きを読む 0 コメント

社長、おめでとう!

続きを読む 0 コメント

運のいい人。

続きを読む 0 コメント

夏の終わり、自分への集注。

続きを読む 0 コメント

大阪パワー。

続きを読む 0 コメント

背負っているモノ。

続きを読む 0 コメント

固定化、受け入れ。

続きを読む 0 コメント

8/9は、はり灸の日。

続きを読む 0 コメント

人に教えたくない鍼灸院。

続きを読む 0 コメント

八月は通常の診療です(夏季休暇はありません)。

続きを読む 0 コメント

どうせ鍼なんて・・・

続きを読む 0 コメント

仙人ぽい。

続きを読む 0 コメント

無理はしない。

続きを読む 0 コメント

世間は狭い。

続きを読む 0 コメント

熟すこと。

続きを読む 0 コメント

結果に対して。

色々な物事の先には結果がある。

 

結果について思うことがある。

 

結果、というのは捉え方の問題。

 

一時的にある結果が見えたとしても、それは実は経過なのかもしれない。

以後、変化する可能性を有しているかもしれない。

 

目立つもの、分かりやすいもの、極端なものが目立つ世の中。

しかし、地味で一見全く無意味、そして無価値のことにも存在意義がある。

 

後からじわじわ効いてくる、記憶に残る仕事をしていきたい。

続きを読む 0 コメント

誰になろうとしているの?

先日、来られた方との話の中での一言。

 

「誰になろうとしているの?」

 

僕自身は僕でしかないし、それをより突き詰めていきたい。

様々な情報が世の中に溢れており、情報を探し始めたらキリが無い。

また、こういったものがいいですよ、カッコイイですよ、話題ですよというのも多い。

 

そういったものに自分を当てはめていけば、自分が無くなってしまうのは当然だ。

勝手にそう思っている。

 

自分は出来るだけ情報から離れようとしている。

情報を見ることは、選択肢を狭めるような気がするからだ。

経験上、やはり一度見た情報を参考にしてしまう。

 

ある設問に対する解答の仕方も、ある思考回路を植えつけられる。

それが良い場合もあるかもしれないが、出来るだけオリジナリティを目指したい。

 

誰かにとっての佳還処はり灸(かかんじょはりきゅう)と誰かにとっての

それは決して同じではない。

また、僕自身は、誰かに迎合するような鍼灸は出来るだけ避けたいと思っている。

 

そういう迎合の鍼灸が合う人も少なからず居るからだ。

 

誰も、自分以外の何者にもなれはしない。

続きを読む 0 コメント

七夕に思う。

また一つ、個人的な区切り。

 

また新たな始まり。

 

一人一人が様々な悩みを持ち、それぞれの人生を歩んでいる。

 

自分は誰になりたいのか。

 

そう、自分は自分にしかなれない。

だからこそ、自分との対話をやめない。

続きを読む 0 コメント

今を生きる。

今を生きる。

 

今、これからを大切に。

 

過ぎ去った出来事、時間は戻らない。

 

さあ、前を向いて。

続きを読む 0 コメント

省みる機会。

自分の仕事を省みる機会が与えられた。

 

いいことばかりではない。

 

身体に、そして症状に向き合っていくと、落とし穴がある。

自分の流儀、考えから少し離れた部分を押し進めると行き過ぎる。

 

一生懸命さが裏目に出る場合がある。

 

全ては縁や運、とも言い切れないが・・・

続きを読む 0 コメント

自分の未熟さと対峙出来るか。

技の世界は非常に厳しい。

 

修行の世界だ。

 

山に例えれば、頂上ははっきり言って見えない。

また、標高がどのくらいかも皆目検討がつかない。

しかし、ただ山には登りたい。

下山は許されない。

 

ある程度自分の想像する何かには向かってはきているようだが、

まだまだほど遠い。

 

時折、自分の未熟さや至らなさにもがき苦しむが、そういった不足の

部分に対峙することで、力が生まれてくる。

 

私自身はいつもやってやろう、という気持ちで日々を過している。

続きを読む 0 コメント

1、2ヶ月探してたどり着いた。

1、2ヶ月鍼灸院を探されて、当処にたどり着いたという方がいらっしゃった。

 

このHPの写真やこのブログ、口コミのサイトの来られた方の声やそれに対する、

私の返信などを見ていただき、来たいと思われたそうだ。

 

色々な鍼灸院を探されて、その中から選んでいただけたのは本当に嬉しい。

 

そういった、来られた方の気持ちにお応えするべく、日々精進していきたい。

 

続きを読む 0 コメント

好みそれぞれ。

人の好みはそれぞれ。

 

また、同じモノを見ても、感覚はそれぞれ。

 

それぞれがそれぞれの好み。

 

それぞれのそれぞれを大切にしたい。

 

ただ、自分は自分の信ずる理想に向けて進むのみ。

続きを読む 0 コメント

熱意を感じたから連絡した。

続きを読む 0 コメント

母親の愛情。

続きを読む 0 コメント

故郷の友人。

続きを読む 0 コメント

感謝の気持ち。

続きを読む 0 コメント

仕事はディテール。

続きを読む 0 コメント

運の行方。

続きを読む 0 コメント

世間は狭い。

続きを読む 0 コメント

来られる方とのタイミング。

続きを読む 0 コメント

物の持つエネルギー。

続きを読む 0 コメント

自分の時間を生きる。

続きを読む 0 コメント

行動を起こす。

続きを読む 0 コメント

褌を締めなおす。

続きを読む 0 コメント

鍼や灸の受診割合。

続きを読む 0 コメント

鍼灸師の先人。

続きを読む 0 コメント

自律神経症状と鍼、灸。

続きを読む 0 コメント

鍼灸院とコンセプト。

続きを読む 0 コメント

週末はご予約が込み合っています。

続きを読む 0 コメント

芸術に触れる。

続きを読む 0 コメント

鍼灸の技と内面。

続きを読む 0 コメント

先祖の贈り物。

続きを読む 0 コメント

いい仕事にはいい身体。

続きを読む 0 コメント

鍼灸院に距離は関係ない。

続きを読む 0 コメント

身体の触れられないところ。

続きを読む 0 コメント

GWも通常の診療です。

続きを読む 0 コメント

佳還処はり灸(かかんじょはりきゅう)の身体との向き合い方。

続きを読む 0 コメント